【オリジナル曲おすすめ】LizTriangle「COLOR」

【オリジナル曲おすすめ】LizTriangle「COLOR」

皆さんこんばんは、貧乏管理人のもんもんです。

今日は肉カレーで節約!

自炊カレーって安くできるんだね!

カレー粉100円、特売の豚肉200g200円

合計300円で3日は行ける!一食70円位ですよ!

節約したい社会人、貧乏学生におすすめです!

辛口だと甘口よりスパイスが効いていて長持ちするので辛口がおすすめですぞ~w

目指せ食費一月10000円!

 

特にこれは安くておすすめですよ!

ハウス バーモントカレー 1kg

 

 

ではでは今回も東方アレンジを紹介していきたいと思います・・・いやいや!今回は違います!!

東方アレンジサークルの「LizTriangle」のオリジナル曲を紹介していきたいと思います!

では・・・今回紹介するのは・・・

 

 

 

LizTriangleCOLOR

5年振りのオリジナルシングル【COLOR】を頒布!

2014.08.16 コミックマーケットC86

 

1.ナナイロ
作曲 kazutora
作詞 lily-an

 

2.灰色
作曲 kaztora
作詞 kaztora

 

 

 

ナナイロ歌詞

さよなら 今の私
怖がらないで はじめよ
制服はもう 破り捨てて

赤いペンを走らせ 模造にバツをつけよ
夢中ににぎる指先が 少し強ばっているけど

言い訳だらけ 厚く塗固めたマネキンでも
変われるから 深く息を吸い 鼓動を高鳴らせ
踏み出す勇気を さあ

七色のバス走らせ 全力を更に超えて
答えは幾多にある いま可能性は無限
君と手をとり笑って 新しい世界へ飛んで
そうだよ 見えてきた 神様は信じたでしょ?
いまから はじまるの

おはよう 今の私
伸ばした髪を束ね ハサミを重ねるだけで
断ち切れる 鬱陶しさも

間違いだらけ 右と言われて振り向く正義を
振りかざしてみた ちぐはぐだらけの 強がりを破って
隠せずに見せて いま

七色のバス走らせ あの坂をさらに超えて
終着訳目指そう 赤いベルは鳴らさずに
君と手をとり約束の あの世界はきっと
不思議(ふしぎ)と私たちを 受け入れるから 涙の魔法に負けないで

青い意地悪ウサギ 追いかけて
広い緑の野原を 駆けよう
橙と黄色の花で 冠もつくろう
紫の空が藍色に染まる その瞬間をずっと一緒に
眺めていたい 心に刻まれるまで お話をして ふたりで

このままバスを走らせ 七色を差し込もう
昨日までの私たちも カラフルに染めて
まとわりついた過去(かこ)は リュックサックにつめ込んで
窓から空に投(な)げよう

七色のバス走らせ あの空へ向けて飛んで
これから目的地(もくてきち)へ 赤いベル鳴らさずに
君と手をとり あの世界へ
これからはきっと 七色がふたりを
導(みちび)くから 照らすだろう 迷わずこの坂道を 走ろう

 

 

 

灰色歌詞

信じる事は 美しくて
疑うことは 浅ましい
誰が なんで どうやって 決めてるの?
大衆性の正義 何処へ向かうの?

目を引くスキニー 身にまとっても
同じようには行かないわ
正しい事は不明瞭
どこか違う すり減って

持って 去って
始まるクライシス
多様性 なんて
悲しくなるわ

一人だって 二人だって 関係なかったよ
私を受け入れるのは 私だけ
そう感情的で 独善的な 理想かかげてさ
誰かを排他して そう 嗤ってる 世界

パーッと 空まわって でも浮いて ほら沈んで
(ぽつ ぽつ ぽつと 雨が降る)
出会って 寄り添って いてもなんで 目が死んでる
(から から から に)
人の目を引く(個性的だから)
みんなみんな慕って
ひとりぼっちさ(変わっているから)
あー あー どうにもなって
建ち塞ぐロボット ただいま増産中です
咲き誇る自由も 全部全部枯れた
もうどうでもいいことなんだろう
もうどうでもいいことだと思う
でもどうでもよくはないのかなあ?
息が詰まる

消え(去って)行く(往く)
架空のシンドローム(さあ)
見て(診て)ほら
YES NOどちらでも

あなただって 私だって 全然違ってる
私を見てくれない 世界なんて
『おもいやって 支え合って 清く生きよう』
世間のルールなんでもううんざりよ

たそ がれ
ゆらゆらゆれる 心 なんで かってって
いつも一人きり

環状線 だって (待って なんで ほら)
モラトリアムの世界は
一つ(二つ)三つ
廻るように消えてく

嗚呼 一人だって 二人だって
関係なかったね
世界はこんなにも ほら 美しい

そう 疑心暗鬼 選民思想も
飛んで行け
私を見なかったのは 私だけ

解ってたんだ 本当は
(あなただって みんなだって 関係なかったよ)
ただ 見えないフリしてた
そうよ 認めてしまったら
なんて なんて 怖くて 怖くて

すべて受け止めた時
(世界だって 世間だって 関係なかったね)
見上げた空は
灰色だった

 

 

 

 

 

今回紹介するのはLizTriangleの「COLOR」です。

この曲は東方アレンジアルバムではなく、「オリジナル曲アルバム」です。

アルバムには2曲収録されているのですが、どちらも非常に完成度が高く、LizTriangleの

たった2曲のアルバムですが現在価格が高騰しております。

しかし・・・それでも購入する価値のあるものだと思います。

LizTriangleファンの方は購入して絶対損はしません!

ではでは一曲ずつレビューしていきたいと思います。

 

1.ナナイロ

明るい曲調でまさしく「ナナイロ」

どんな人でも、きっとナナイロの未来が待っている。

今日から努力を始めれば、未来はつかめる。

そんな明るい歌詞で前向きになります。

歌詞にはしっかりと七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)が使われているのもこだわりを感じられますね。

テンポもよく曲として非常にレベルが高く、私はlily-anは東方だけでなく、オリジナルで色々な挑戦をしてほしい・・・と少し思ってしまいます。

東方だけでなく私は「LizTriangle」そのものに心を惹かれているのかもしれませんね。

 

 

2.灰色

個人的にはこちらの曲が好きです。

「ナナイロ」とは正反対でこちらは非常に暗めな曲となっております。

LizTriangleの中でも格別に良い曲で、LizTriangleよりもLizTriangleらしい曲です。

lily-anの本当の気持を知ることができた様な、建前など気にしない人間らしい歌詞だと感じました。

前向きになれる曲よりも、哀愁漂う暗い歌詞の、いわば少し反社会的な曲のほうが私の心に響きます。

眼の前の現実を私の代わりに歌ってもらっているようで嬉しいような悲しいような・・・そんな気持ちになります。

私にとって東方アレンジサークル「LizTriangle」は雲の上のように感じるくらい遠い存在でしたが、遠そうで、意外と近いのかもしれない、そう感じました。

作曲も編曲もVocalもみんな同じく人間ですもんね。

 

 

 

まとめ

2曲目に灰色を持ってきたのは素晴らしいと感じました。

普通の音楽サークルだったり同人サークルだったりは、きっとナナイロと灰色は逆にすると思います。

そこをあえて2曲目に灰色を持ってきたのはLizTriangleのセンスを感じます

この2曲を聞いて、なんとなくLizTriangleはこの時期から解散を考えていたのかな?と感じました。

非常にレベルが高い曲で、LizTriangleの本気を感じられるのですが、「もう全部出しきった」というようなメッセージを感じられました。

LizTriangle最後のオリジナルアルバムです、もう今後一生手に入らないレベルの希少なものとなると思いますので、ぜひ今のうちに購入するのをおすすめします。

 

 

管理人評価・・・10点

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。