【東方アレンジおすすめ】LizTriangle「アナザーエゴ」

【東方アレンジおすすめ】LizTriangle「アナザーエゴ」


皆さんこんばんは、もんもん情報局のもんもんです。

今回は東方アレンジサークルの「LizTriangle」の曲を紹介していきたいと思います!

 

今回紹介するのは・・・

 

アナザーエゴ

 

合わせて読みたい

東方アレンジサークルのおすすめ「LizTriangle

東方アレンジとは・・・東方アレンジを8年聞いてきた管理人が語る

最近の東方Projectについて・・・過去東方に熱狂したものが語る

 

完全新作東方ボーカルアレンジCD【シンソウダイバー】と

東方ボーカルアレンジベストアルバム第3段【Yellow】同時頒布!

夏凛からカラスとウサギまでを厳選しました。

2016.08.13 コミックマーケットC90 土曜日 西地区【a-65a】

[ シンソウダイバー ]

1.past lover

(Original:柳の下のデュラハン)

2.Whiches night

(Original:魔女達の舞踏会 ~ Magus)

3.友達の境界

(Original:月面ツアーへようこそ)

4.unbalance

(Original:リジッドパラダイス)

5.アナザーエゴ

(Original:ハルトマンの妖怪少女)

6.こどものせかい

(Original:U_N_オーエンは彼女なのか?)

歌詞

今までを繰り返す日々を 日常と呼んで過ごしてきた

小石が一つ欠けたとして何も変わらない

 

意識をしてるわけじゃなくて 無邪気な世界が夢を見せる

数えきれない石の山と一人の私

 

いたずらな声に舌を出し いじわるな嘘をついて

いたずらに時を過ごして 意気地なしの声堰を切った

 

誰もが消えてくこの世界でも 確かに揺らいだ自分の心を

誰でもいいからこの世界より 私の無意識を意識してよ ねえ ねえ

 

無限に見えるこの世界も 手の届く距離がすべてだから

ほら 遠くへ投げた小石見えなくなった

 

一人は自由なんかじゃなく 一人はさみしいだけで

この世界に一人ぼっちで それでも私は生き続ける

 

すべてが壊れたこの世界にも 記憶に残った不確かな日々

人との絆を紡いだ糸で 私は自分の瞳に針を通す 一人で

 

誰もいない世界の端っこで おびえてたのは自分だった

恋し恋し雨が降り頬を濡らす

 

一人だけになりたくなくて 一人きりがただ嫌なだけ

意識と悟りに縫い付けられた 瞳の糸を解きたくて

 

すべてを彩る慈愛の空も 打てば響く凛とした音も

愛したことを悟ることなく 全て無意識のうちに愛されていた

今は一人で 一人で

誰もが誰もが消えた世界で 私だけが私を見てる

 

シンソウダイバーについて

LizTriangleの東方アレンジアルバム「シンソウダイバー」

「シンソウダイバー」は「深層diver」=深層に潜るという意味でつけたアルバム名だと思います。

もしくは深層の多様性という意味のどちらか、あるいはかけ合わせたものだと思います。

今回紹介する「アナザーエゴ」の収録アルバム「シンソウダイバー」のジャケット絵のこいしちゃん・・・可愛いですよね!

このジャケット絵は外注したものではなくLizTriangleのliy-anが制作したものになります。

年々絵も歌もうまくなっていっていますよね!

 

曲もどれも良いもので、LizTriangleが日々進化しているのがわかりますね。

 

アナザーエゴの感想

「アナザーエゴ」は東方地霊殿のEXボス古明地こいしのテーマ曲「ハルトマンの妖怪少女」のアレンジ曲です!

曲調はバラードで、かなり原曲を砕いたアレンジとなっております!(Kaztoraのアレンジの仕方に感動です)

個人的に好きな部分はサビよりも、原曲の「ハルトマンの妖怪少女」の曲調が強い「一人は自由なんかじゃなく  一人はさみしいだけでこの世界に一人ぼっちで それでも私は生き続ける」

の部分が好きです!

 

LizTriangleは、サビまでの盛り上げ方がうまく、それがうまく生きている曲になっています。

特にlily-anのバラードの歌声の伸びは素晴らしく、曲もとてもバランスの良いものとなっています。

 

歌詞も、まるで古明地こいしとlily-anがシンクロしており、なんだか心が動かされます。

ぜひ皆さんも「アナザーエゴ」聞いてみてください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。